病院情報の公表

令和3年度 高砂西部 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 63 13 37 74 75 98 166 423 638 313
当院では、地域の中核病院として救急搬送患者を中心に、急性期・回復期から慢性期まで幅広い年齢層の患者さんに対して医療を提供しています。
救急搬送からの急性期緊急入院が多く、70歳以上の患者さんは全体の約72%を占めおり、80歳から89歳の年齢の患者さんが最も多くなっています。
10歳未満の患者数はコロナ禍以前の2年前とくらべると4分の1程度に減少し、今年度は全体の3%程度に減少しています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x0xx 誤嚥性肺炎 82 32.15 20.57 8.22 86.59
110310xx99xxxx 腎臓又は尿路の感染症 79 20.34 13.14 7.59 78.99
0400800499x01x 肺炎等(市中肺炎以外かつ75歳以上) 38 36.84 21.39 13.16 87.61
100380xxxxxxxx 体液量減少症 34 29.03 10.66 5.88 81.88
050130xx9900xx 心不全 33 23.21 17.35 27.27 87.06
内科では、高齢者の尿路感染や誤嚥性肺炎を含めた肺炎が多くなっており、また脱水や心不全での入院も増加しています。
高齢の患者さんが多いため重症化と入院期間の長期化があり、全国平均と比べ平均在院日数が長い傾向が見られます。
心不全では、専門的な治療が必要となり転院率も高くなっています。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 17 3.06 5.76 0 2.29
040070xxxxx0xx インフルエンザ、ウイルス性肺炎 11 3.55 5.95 0 1.55
140010x199x0xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 8 7.5 6.13 12.5 0
040100xxxxx00x 喘息 7 3.29 6.24 0 3.43
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 6 3 5.83 0 1
小児科では、肺炎や気管支炎などの気道感染症などの主に感染症による緊急入院加療に対応しています。
また、産婦人科医との協力体制をとりながら、新生児医療にも対応しています。
平均在院日数は、全体的に全国平均より短くなっています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx99xxxx 股関節・大腿近位の骨折 21 3.57 15.02 100 80.67
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 17 6.12 9 5.88 69.88
160690xx99xxxx 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 15 17.33 19.34 26.67 78.33
060150xx03xxxx 虫垂炎 10 4.5 5.4 0 37.4
060335xx02000x 胆嚢炎等 10 7.9 7.11 0 58.9
救急患者の腸閉塞で悩ましい症例については造影CTを実施し、最終的には理学的所見にて手術適応を決定しています。
整形外科疾患については常勤医師が不在により手術ができないため、初期対応をし近隣の医療機関へ転院していただいています。
胸腰椎圧迫骨折については保存的治療が大半で非常勤医師と協力しながら治療をすすめています。
患者さまの状態にあわせて、回復期リハビリ病棟での対応もおこなっています。
救急からの急性腹部疾患に対する緊急手術も積極的に対応しています。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120260xx01xxxx 分娩の異常 9 9.67 9.38 0 29.89
120140xxxxxxxx 流産 6 3 2.44 0 34.33
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 4 13.25 9.46 0 49.75
12002xxx02x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍 2 8.5 3.05 0 44
12002xxx99x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍 2 10 8.75 0 58.5
産婦人科では、妊娠・分娩に関する産科入院と子宮の腫瘍など婦人科入院も幅広く対応しています。
特に救急指定病院の性格から緊急手術を要する症例にも多く対応しています。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx1 白内障、水晶体の疾患 47 3.19 4.83 0 76.68
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 26 2.15 2.71 0 78.88
020200xx99x2xx 黄斑、後極変性 2 2 2.42 0 84.5
020250xx97xxxx 結膜の障害 2 2 3.25 0 87
020160xx97xxx0 網膜剥離 1 12 8.48 0 35
新型コロナ感染症の影響で手術を延期される方も多く、それにともなって入院の減少が目立ちました。
眼科では、白内障の手術入院が最も多く、入院期間が短い傾向にあります。
その他、黄斑部の疾患などに対する入院治療も積極的におこなっています。
リハビリテーション科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160690xx99xxxx 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 36 56.61 19.34 2.78 81.97
160980xx99x0xx 骨盤損傷 7 68.71 19.02 0 82.43
160800xx99xxxx 股関節・大腿近位の骨折 5 57.2 15.02 0 74.2
040081xx99x0xx040081xx99x0xx 誤嚥性肺炎 4 70.75 20.57 0 86.75
010060x0990201 脳梗塞(脳卒中発症4日目以降又は無症候性、かつ、JCS10未満) 3 49.67 15.42 0 80.67
リハビリテーション科では、高齢者の転倒による圧迫骨折をメインにした整形外科疾患が最も多く、肺炎等からの廃用症候群についても対応しています。
また、脳梗塞の患者さんの受入も積極的におこなっています。
入院後や手術後にリハビリ目的で入院加療が必要な患者さんは、回復期リハビリテーション病棟で他職種スタッフや地域のスタッフとも連携して治療や支援を行なっています。
当院では、一般病棟による急性期から回復期リハビリテーション病棟まで、一貫した治療を実施しています。
血液内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130030xx99x4xx 非ホジキンリンパ腫 7 6 10.66 0 74.14
040151xx97x0xx 呼吸器のアスペルギルス症 1 9 29.66 0 73
050180xx99xx0x 静脈・リンパ管疾患 1 10 14.05 0 88
130040xx99x5xx 多発性骨髄腫、免疫系悪性新生物 1 2 20.95 0 70
130050xx99x4xx 骨髄増殖性腫瘍 1 8 16.81 0 47
血液内科では、主に高齢の難病性血液疾患の患者さんに対し、感染症などの合併症に留意しながら日常生活を送れるよう、QOLを重視した治療をおこなっています。
入院期間は全国平均と比べて短くなっています。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xxxx 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 5 2.6 2.65 0 62.2
060380xxxxx00x ウイルス性腸炎 3 6.67 5.53 0 35.67
060130xx9900xx 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患) 2 3 7.74 0 45
060190xx99x0xx 虚血性腸炎 2 5.5 8.74 0 68.5
060185xx97x5xx 潰瘍性大腸炎 1 36 39.4 0 40
消化器内科では、一般の消化器内科疾患に加えて、専門的な管理が必要な指定難病である炎症性腸疾患である潰瘍性大腸炎やクローン病の入院治療にも積極的に対応しています。
総合診療科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110310xx99xxxx 腎臓又は尿路の感染症 33 24.12 13.14 9.09 81
050130xx9900xx 心不全 32 25.31 17.35 0 85.91
040081xx99x0xx 誤嚥性肺炎 21 25.43 20.57 9.52 84
100380xxxxxxxx 体液量減少症 13 20.23 10.66 15.38 78.69
080010xxxx0xxx 膿皮症 9 22.67 13.07 0 69.56
総合診療科では、主に救急搬送された患者さん、診療時間外に受診された患者さんの内科的・外科的治療をおこなっています。
高齢患者さんが多いため、尿路感染症・心不全・誤嚥性肺炎等の内科疾患が多く平均在院日数も長くなっています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 2 3 0 1 4 0 1 8
大腸癌 0 2 8 4 8 4 1 8
乳癌 0 0 1 0 1 0 1 8
肺癌 0 0 0 1 4 0 1 8
肝癌 0 0 0 0 3 0 1 6,8
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
はじめての治療(初発)時の癌の進行度(Stage;ステージ)と再発で治療を受けた患者数を集計しています。
当院では、大腸癌・胃癌の症例数が最も多く、救急車で来院し緊急内視鏡や他院からの紹介内視鏡で癌が見つかる場合が多いです。
患者さんの状態に応じて消化器内科で内視鏡下手術、外科で緊急手術・化学療法などの治療を行なっています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 1 6 29
中等症 9 96.33 84.56
重症 0 0 0
超重症 0 0 0
不明 0 0 0
当院では、中等症の患者さんが最も多く、平均年齢が85歳となっています。
高齢者の患者さんは重症度が高く、他職種によるチーム医療で全身管理が必要な場合が多くなっています。
当院では、肺炎の症例が多く、入院期間の短期化や耐性化予防が重要となります。
また、重症例では人工呼吸管理・栄養管理等を含む全身管理で救命率の向上に努めています。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 25 48.6 86.32 13.89
その他 11 35 81.18 5.56
当院では、脳梗塞急性発症のうち92%が高齢者で、その多くが救急搬送によるものです。
平均年齢は86.3歳で、病態により専門病院への転院搬送もあります。転院率は13.9%となっています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 14 36 220.15 15.38 84.92
K654 内視鏡的消化管止血術 14 5.38 24.38 12.5 74
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 7 2.13 2.25 0 72.38
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 6 43.83 222 16.67 87
K6872 内視鏡的乳頭切開術(胆道砕石術を伴う) 6 4.17 9.5 0 82.83
内科では、胃瘻造設術や中心静脈注射用植込型カテーテル設置を中心に経口摂取困難な高齢患者さんに対する診療が主となっています。
また、内視鏡による手術も積極的に行っています。
小児科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9131 新生児仮死蘇生術(仮死第1度) 1 0 5 0 0
分娩後の新生児への対応困難事例では近隣の医療機関に転院することも多いですが、産婦人科医・小児科医・助産師等が協力して可能な限り自院で対応しています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 25 2.57 7.19 0 60.71
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 10 0.1 3.4 0 37.4
K7193 結腸切除術(全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術) 10 6.33 28.5 16.67 71
K6335 鼠径ヘルニア手術 6 0.33 3 0 66.17
K7162 小腸切除術(その他) 4 3.75 76.25 25 62.25
急性虫垂炎、胆のう結石症では、できる限り早期診断をCTにて行ない、迅速な手術の対応ができるように心掛けています。
大腸癌については、基礎疾患のある進行癌が多く、合併症の少ない手術を心掛けています。
当院では、その他救急搬送時の急性腹部疾患の緊急手術対応も積極的に行なっています。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 6 0.33 7.83 0 30.83
K877 子宮全摘術 3 2 9 0 49.33
K8981 帝王切開術(緊急帝王切開) 3 0 9.67 0 28
K867 子宮頸部(腟部)切除術 2 0 7.5 0 44
K909-2 子宮内容除去術(不全流産) 2 0 2 0 25
前年度同様に手術件数が減少しており、新型コロナ感染症の影響が考えられます。
産婦人科では、帝王切開術が多く、緊急の手術も積極的に行なっています。
産婦人科医と助産師が協力し24時間体制でおこなっており、緊急での対応が多くなっています。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入)(その他) 75 0 1.8 0 77.51
K224 翼状片手術(弁の移植を要する) 2 0 1 0 87
K2172 眼瞼内反症手術(皮膚切開法) 1 0 1 0 12
K2682 緑内障手術(流出路再建術) 1 0 2 0 71
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む) 1 0 11 0 35
新型コロナ感染症の影響で、前年度よりさらに手術件数の減少しました。
眼科では、白内障の手術が大多数を占め、短期間での入院で実施する水晶体再建術が主な症例です。
それ以外に、緑内障手術や硝子体手術等の症例での治療も行なっています。
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 10 0 1 0 64
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍胃粘膜) 1 1 5 0 71
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上) 1 1 3 0 55
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 1 3 28 0 85
消化器内科では、内視鏡による手術を積極的におこなっています。
以前より若年層への対応も増えており、幅広い年齢層への患者さんの治療をおこなっています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 0 0
異なる 0 0
180010 敗血症 同一 4 0.22
異なる 21 1.13
180035 その他の真菌感染症 同一 0 0
異なる 0 0
180040 手術・処置等の合併症 同一 7 0.38
異なる 1 0.05
当院では、敗血症がほとんどを占めています。
別疾患に対して治療を要した症例数が多くなっており、入院契機が尿路感染症からの敗血症発症が
最も多く、次に急性肺炎・急性消化器疾患からの敗血症発症が多くなっています。
また、敗血症発症の75%以上を高齢者が占めています。
更新履歴
2022.09.21
令和3年度 病院情報を公開しました。

ページTOPへ

病院のご紹介
診療科のご案内
健診・人間ドック
介護・在宅関連

TEL:079-447-0100

メールでお問い合わせ